--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/10/28.Tue

Pumpkin Carving Party

【10月27日(月)】

 

今日は冷たい風が吹きとても寒いです。

今晩から明日にかけて雪が降るという予報も頷けます。

 

昨日は息子のサッカーのチームメイトのお母さんから誘われて、

Pumpkin Carving Partyへ行ってきました。

凜も一緒でした。

アメリカ人のお宅に凜を連れて行くのは、これが初めてでしたが、

とても大人しくしていてくれましたよ。

 

さっそくPampkin Carving開始です。

ヘタの周りを6角形に切り取り、裏側の実をきれいに取ります。

これは蓋になります。

かぼちゃの本体の中身も取り出しきれいにします。

かぼちゃの種は捨てないで、干して後でローストして食べるそうですよ。

次に、何を彫るかパターンの中から選んで、かぼちゃにピンで留め、

パターンのまわりをぐるりとピンで穴を空けていきます。

ペンで穴の後をなぞってから、ナイフやカーービングの道具を使って、

彫きます。

もちろん簡単なパターンや腕に自身のある人はフリーハンドで、

下絵を描いてOKですよ。

 

息子達はサッカーや蹄鉄の輪投げみたいなゲームやら、

バドミントンやら遊んでばかりで、なかなかかぼちゃ彫りをする

様子はなし。でも、はじめたと思ったら結構ぱぱっと彫り終えましたよ。

まあ、中身をほじくりだしてきれいにするところまでは、

やってあげましたからね。

 

みんなの出来上がりはこんな感じでしたよ。

P1010698

 

ろうそくを点けると。。。

P1010699

ふふふ・・・

わたしと娘と息子のはどれか当ててみてくださいな。

 

 

P1010703

左から、娘、わたし、息子のです。

 

あらあら!これは驚き!

何も言わなくても、凜ちゃん、かぼちゃの前に来てポーズを

取ってくれましたよ。(笑)

 

P1010705

「凜ちゃん、何かいいたそうですね。」

「来年は、ひとつ柴犬のパターンでお願いしますよ。」

 

 

先に下の写真を見せちゃうと誰がどれを彫ったかばれちゃうので、

できませんでしたが、彫っていたときの様子です。

P1010693

 

P1010695 

 

P1010690 

 

かぼちゃによって中身が多い物、皮が厚くて彫りにくいもの、

皮がやけに硬い物など、色々あるということが分かりましたよ。

ハロウィーン | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。