--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/03/07.Sat

今では笑い話ですが・・・

【3月6日(金)】 晴れ 最高16℃、最低7℃

 

気温がめちゃくちゃです。

つい3日ほど前の最低気温は-15℃だったのに、

その後急に暖かくなりました。

なんと日曜日には22℃まで上がるそうですよ。

朝の風が冷たそうで、つい厚着をして出かけると、

途中で暑くてたまらなくなったりしています。

凜ちゃんのアンダーコートも、少し抜け始めてきています。

このまま春になるのか?

イエイエ油断はできません。

何しろ去年は5月に雪が降りましたからね~。

 

ところでこの前の雪、多い地域は40センチも積もったようです。

まだ通学路に雪の影響が残っているらしく、昨日は

スクールバスが来ない。

スノーラインへ電話すると、なーんとリミテドバスルートだと・・・

急遽学校へ送っていく事に。

やれやれ遅刻は免れたけど、何で連絡がなかったのか不明。

そして今日も嫌な予感がしてスノーラインで確かめると、

またもやリミテッドバスルートだってー。

で、子供を学校へ送っていったついでに凜とGreenwayを

た~っぷり1時間以上散歩してきましたよ。

早歩きをしたので、かなりの運動量になったはず。

凜も私も薄着(?)の季節に向けスリムにならなくっちゃ。

凜ちゃん、途中新鮮な草をたっぷり堪能して、お仕事も済ませ

とっても満足そうでしたよ。

 

そうそう、散歩しながらいろいろな想いが頭をよぎりましてね。

人生って不思議だなって。

犬を飼う事になるなんて、数年前まではまったく考えて

いなかったのに、今こうして凜と毎日散歩しているし・・・

それから、見事なペーパードライバーだった頃はいつか

自由に運転できる日がきたら、どんなにすばらしいだろうって・・・

今では車はまるで体の一部のような存在。

お恥ずかしいエピソードを披露しちゃいます。

新婚時代に住んでいた仙台でのお話。

何しろ教習所を最後にハンドルを握っていなかった

正真正銘のペーパードライバーの私。

ある晩、凜パパが用事を済ませる間、建物の周りを回って運転の

練習をしていたらとのアドバイスで、1周、2周して車を停めようと

したら、空いていたスペースに他の車が停めてしまってました。

もうそれでパニック・・・

仕方なくそのまま進んで、どんどん進んで、元に戻りたくても

どこをどう行けばよいやら・・・

約3時間道に迷っていました。

途中で道を聞ききましたよ。

「仙台へはどう行ったらいいんでしょう」って。

聞かれた相手も「え、さあて。。。」とすぐには答えられない

場所まで行っていたようであります。(笑)

とにかく無傷で戻れたのは奇跡のような出来事でしたね。

凜パパ・・・

「これは警察に届けるしかないな」って思っていたところだったそうです。

 

P1020737 

「へえ~~そんなことがあったんだ~」

アメリカ時代の日常 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。