--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2008/04/10.Thu

凜を日本に連れ帰るには・・・・

【4月8日 ドッグパークにて】

今日はいい天気で気持ちがいいな~
P1030485_convert_20080410092853.jpg
 
ムムム・・・新顔が来たぞ!
P1030486_convert_20080410020051.jpg



【4月9日朝の散歩にて】

マックス、スキありっ!
P1030493_convert_20080410015958.jpg

凜たら・・・またこんなにマックスの尻尾の毛を抜いちゃって・・・・
P1030497_convert_20080410015503.jpg


今日は凜を動物病院へ連れて行った。
目的はフィラリア(アメリカではHeart Warm)の予防薬の前の血液検査と狂犬病の抗体価測定のための血液採取。

フィラリアは蚊を媒体として感染するんだけど、今住んでいる所はほとんど蚊はいないと言われてきた。でもフロリダから来る人達が一緒に連れてくれことがあるので、やはり予防はしておいた方が良いみたい。現に去年の夏うちの庭で蚊に刺されたことがあったし。

狂犬病の抗体価定は将来凜を日本に連れて帰る時の入国の動物検疫検査で必要になるのでね。
今のところ帰国の予定はないんだけれど、日本の動物検疫制度はとっても厳しくて帰国が決まってから準備したんじゃ間に合わないんです。

日本に住んでいる人には関係ない話だけれど、どんなに面倒くさい手続きか!まあちょっと我慢して読んでくださいよ。

手順を紹介すると、
・マイクロチップの装着(ISOという国際規格のもの)
・マイクロチップ装着後、2回の狂犬病予防接種
・2回目の予防接種後、狂犬病の抗体価測定(←今日その測定のための採血を行なった、血液はカンザス州の検査所に送られる)
抗体価測定の採血後、輸出国での180日間待機
・輸入日40日前に検疫所への輸出届出
・出発直前(できる限り出発2日以内)に狂犬病及びレプトスピラ病(犬のみ)にかかっていないか又はかかっている疑いがないことについて検査、さらにこれまでの内容を記載した輸出国政府機関発行の証明書の交付を受ける。(出発の2日以内なんて忙しいピーク、そんな暇ないし、ましてここは交付機関まで車で4時間かかる。なので申請して特別に10日以内に変えてもらうことが出来る。)

以上を満たさないと日本で愛犬、愛猫が長期間係留ということになりかねないんです。
それでなくても長旅で疲れている上に、知らない所で飼い主と離れ離れで長期間過ごさなくちゃいけないなんて、本当にかわいそう。

赤で表示した180日の待機、これは今日の採血後180日以内に帰国命令が出たら、待機日数の不足分は係留されちゃうって事なんですよ。日本の会社って突然人事異動をしたりするでしょ、だから実はちょっとドキドキしてる。無事180日過ぎれば、この抗体価測定は2年間有効だから、今日から1年半後にまた血液採取していけば180日のブランクがなく、いつでも安心して連れて帰れるって訳。

ちなみに日本では狂犬病の予防接種は毎年みたいだけれど、アメリカでは2回目は一年後、それ以降は3年おき。ホリスティックの獣医は本当は3年おきに打たなくてもいいんだけれど、やっぱり体への影響はあるから・・・って言うんで、日本は毎年ですよって教えたら、すごく驚いていたわ。

今日の採血の前に色々調べておこうと思って、久々に日本の動物検疫所のホームページへ行ったら、すっかりリニューアルされていた。まあ前よりわかり易いようにという工夫は感じられるんだけど、こういった文章はよく読まないとわからない、慣れてない獣医に説明するには英文の方にも目を通しておかないと不安だし、大変だわあ。

家の近くでISOのマイクロチップを入れてくれる所がなくて、結局2時間もかけて遠い獣医の所へ入れてもらいに行った。(アメリカは別のタイプのマイクロチップが主流みたい)そして今回の採血時にやはりマイクロチップの確認が必要で、それが今日行った病院でもちゃんと読み取れるのか心配だった。
結果はちゃんと読み取れて番号も合っていたので安心した。。。ふ~~

後はどうか急な人事異動がありませんようにと祈るばかり。。。。。

そうそう今日の獣医はとてもフレンドリーでいい先生だったけれど、かなりそそっかしい人だった。、帰り道そういえばフィラリアとノミ・ダ二の薬を出してと頼んだのにもらうの忘れた。。。。と思ったら先生が出すの忘れてたみたい。会計に入っていなかった。家に着いたら留守電にさっきの動物病院からメッセージが入っていた。2回受けた狂犬病の予防接種日を教えてくれって。。。。ちゃんと先生に証明書を渡して、先生ったら念のためにコピーをとるからねって言ってたけど???

結局コピー忘れて私に返したみたい。。。

本当にこの先生で大丈夫かなあ~~~????

すごく心配!!!

今日もらえなかったフィラリアとノミ・ダニ・の薬・・・・
初めてオンラインショップにオーダーしてみた。
去年獣医から買ったのと同じ薬が、こっちのほうがずっと安いではないの。
フィラリアは処方箋が必要だけど、あなたの獣医から処方箋を取り寄せて薬を送ってくれるという。
しかも送料無料!
なんて便利なんでしょうね~。

きょうはちょっと長くなってしまいました。







帰国関連 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
お察しします
Linママさん、初めてコメント書きます!凛ちゃんの日本入国、確かにものすごくたいへんですね。私にも経験があるので、良く分かります。私は日本~マレーシア~日本でしたが、日本へのペットの入国審査はとにかく厳しかったです。でも、とにかく準備万端にしておけば、係留なしで入国できますからね。凛ちゃんのために頑張ってください。以上JOYママでした。
*joymamaさん*
初コメント、ありがとう!
嬉しいです~♪

ジョイちゃんの具合はどうですか?

joymamaさんなら分かってもらえますよね。なんだか入国審査を無事通過するまでは、抜かりはなかったか・・と、きっとハラハラドキドキだと思います。去年ここから日本へ帰られた日本人の方も出発直前まで、猫ちゃんの書類が間に合うかという感じですごく大変そうでした。入国審査時他の猫ちゃんのチップがリーダーで読み取れないって係官があわてていたそうです・・・・どうなったのか???

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。