--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/14.Mon

Daylight Saving Time開始

今日(日曜日)からDSTが始まりました。

時計の針を一時間進め、日本との時差が13時間になりました。



日本のフジテレビやNHKが無料配信のUSTREAMで観られるので、

終日地震のニュースを観ています。

アメリカのテレビもずっと日本の地震のニュースを特集しています。

あまりに悲惨なニュースが次から次へと日を追うごとに増えてきて、

心がざわついて落ち着きません。

まだこんなむごいことが現実に起こっているということが信じられないです。

わたしのアメリカの友人達からは、わたしの家族や被災地の人たちの

安否を気遣う電話やメールがたくさん届いています。

みなさん、日本の人々のために祈ってくださってます。

同じ日本人として大変嬉しく、心から感謝の念でいっぱいです。

 

ひとりでも多くの命が助かりますように、

被災された方々が体調を崩したりしないように支援が届きますように、

ライフラインが一刻も早く復旧できますように、

原発の危険が早く完全に消えますように、

アメリカより祈っています。

東日本大震災 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
頭では分かってるんですよ。
災害は、状況が分かるにつれて
どんどん悲惨になるって。
でも、なんか悲しくてしょうがないです。
遠くで、安全な場所でこんな事を言ってても
しょうがないのですが。
とにかく一刻も早く原発をどうにかして欲しいです。
地震は災害、でも・・・と思ってしまう。

私の友人達も祈ってくれています。
みんなに募金を呼びかけてもいます。
自分に出来る事を、と思って淡々と生きてくしか
ないんでしょうね。
でも、本当に辛いです。
neeさん~♪
本当にまったくその通りです。

災害が起きた直後は大変なことが起きたと分かっても
まだ悲惨な被害の状況は限られたものしか入ってきません。
それが日を追うごとに明らかになるんですよね。
毎日テレビのニュースを切ることができなくて、
ずっと見入って夜中になっていることに気づいて
ベッドに入ります。

私の家族は皆無事ですが、被災した人達の事を思うと
本当に悲しくてたまりません。
こちらの友人達から暖かな言葉をかけてもらったり、
募金したよとか、何も言わずにハグしてきてくれる人とか
優しくしてもらうとその度に涙がこぼれてきてしまい
自分でもどうしようもなくなります。

それでもセントラルヒーティングの暖かな部屋で
食料も水も十分にある恵まれた生活をしてる自分が
申し訳ない気がしています。

日本の自宅では暖房はいっさい付けずに厚着をして
節電をしているそうです。
夫は2日間電車が動く駅まで何キロも歩いて
それでも駅は人で溢れかえり結局電車にのれずに
また歩いて帰ってきたそうです。
被災地以外の生活も大変です。

本当に自分に出来ることを考え、
みんなで力を合わせてこの危機を乗り越えなくては
いけないですね。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。